2020.11.06
野球への想い
01

私は根っからの野球人でした。小学校1年生のときに野球を始め、中学ではボーイズリーグで野球をさせていただき、高校は大阪桐蔭や履正社、PL学園といった全国屈指の強豪校がひしめく大阪で、公立校で甲子園を目指して本気で練習してきました。甲子園に出るという目標は叶いませんでしたが、その後、大学でも野球を続け、小学校1年生から大学4年生まで合計16年間、野球というスポーツを続けてきました。私のこれまでの人生を一言で表すなら「野球」といっても過言ではありません。小学校・中学・高校・大学、各ステージで毎日必死に励んだ仲間は、社会に出た今でも連絡を取り合い、定期的に集まる最高の仲間です。チームメイト以外にも野球を通じてたくさんの仲間ができました。また、野球を通じて「努力する大切さ」「チームでチャレンジすることの強さ」「仲間を思いやること」といった人として大切なことを学ぶことができました。このように、私は野球を通じてたくさんの財産を得てきました。「野球」というスポーツに本当に感謝しています。心から野球をしてきて良かったと思っています。

こうして野球というスポーツからたくさんの大切なものを得てきたからこそ、野球というスポーツに恩返しがしたいという思いがあります。そこで初めたのがGRANSTARという「オーダーグローブ専門ブランド」です。

GRANSTARは夢や目標に向かって本気で挑戦するすべての野球人のためのブランドです。GRANSTARスタッフは全員本気で野球をしてきました。悔しい想いもうれしい想いもたくさん経験してきました。試合での勝った負けた、レギュラーだったかどうかといった、結果以上に大切なことを野球から得ることができました。だからこそ、「今、本気で挑戦している野球人」が今よりもうまくなり、より良い結果を残して目標を達成するために、最高のグラブを届ける。これがGRANSTARの使命です。GRANSTARのグラブを使ってレギュラーになりました! 試合でいいプレーができました! 甲子園に出ました! プロになりました! 1人でも多くの人から目標達成の声が聞けるように、これからも最高のグラブを作りお客様のもとに届けていきます。